長崎へ

23 6月 2014

 

IMG_0669

 

 

もうしばらく前の、2月のお話。

旦那さんの実家のある長崎へ。

はやく書かなきゃと思いつつ、ついついついで。今は6月。

 

でも、鮮明に覚えている。

空は広くて、海も広い。

見るべきものも沢山あって。

そして、食べる事が止まらない。長崎、旨いものだらけの旅でした。

 

IMG_0362

 

一日目 皆で向かうは 軍艦島

長崎に来たらば、是非に行きたかった、行くべきだった場所。

いざ、家族皆でフェリーに乗って向かいます。

遠くに見えるは軍艦のような形をした島、本当の名前は端島。

海の上から見ていた時の印象と

ガイドの方の話を聞き、足を止めて見た島の印象は、全く異なるものでした。

ここは、怖い怖い廃墟の島ではなく、ここに住んでいた人々の故郷だという事を知りました。

しかしなんとも本当に、パワーのある場所。

現実なんだけども、まるで幻想のようで、でも生々しく。

心にのこる場所でした。

 

IMG_0487 IMG_0387

 

IMG_0493IMG_0489IMG_0491IMG_0492

IMG_0494IMG_0497

 

 

 

心動いた後は、長崎の街を歩いて歩いて、

坂を上って 巡ります。

 

IMG_1864

IMG_1865

IMG_0441

IMG_0565

IMG_0567

 

稲佐山からみえる、長崎の町。

光が中心に集まって、山々と海がその光を囲む。

長崎ならではの景色。

 

 

動いて動いたら、食べて食べて、

連日長崎の旨いものメドレーです。

なんて美味しいの、ちゃんぽん!!!!

お魚に、餃子に、トルコライスに、ミルクシェーキ。もちろん皿うどん。

豚まんもつまんで歩くさ、思案橋。

危険だわ、長崎。

 

IMG_0479

IMG_0618

IMG_0560

IMG_1867

IMG_1866

 

 

IMG_1858IMG_1859IMG_0654

 

豪華なお店でないけども

この色味に配置に雰囲気に、わたくし、とても好みです。

なぜかおでんがカウンターにあるのね。

地元民に愛される三八ラーメン。

座っているおじいちゃんまで好みです。

 

 

 

私のわがままを聞いて頂き、心躍る焼き物の里巡りも致しました。

波佐見、伊万里、有田と巡ります。

はしゃぐ気持ちを抑えて、冷静に冷静に、、、、。

 

お目当ての白山陶器。お休み。ちーん。

表門だけでも、とても可愛かったから、よしとします。

また、次回。必ずや。

そういうもんです、旅ですもの。

 

IMG_0556IMG_0500IMG_0568

 

 

有田では、豪華絢爛な染め付けは流し目で終え、お母さんおすすめのFUKAZAWA SEIJIへ。

つるんとした生まれたてのような白、透き通る青。美しかった。

 

 

IMG_0512imageIMG_0510

 

 

最後はたまたまやっていた、伊万里の梅祭へ

こんなにも沢山のピンクに囲まれるだなんて。

思ってもいなかったから、嬉しくて嬉しくて。

桜とはまた違う、桃色、赤色、白色に囲まれて、大変幸せでございました。

 

ここでのんびり、おにぎり。

いいだろうな。最高に。

そして龍ちゃんは、花より団子の代官餅。

 

IMG_0558

IMG_0559

IMG_0566

 

連日よく歩きました。てくてく。

皆で平和公園に、稲佐山に、思い出の場所巡りに。

チンチン電車に揺られて、教会に、坂道に、ぶらりぶらり。

お友達のお家へバスに揺られて行ったりね。

夜まで飲んだり食べたりも。

 

短い滞在時間にも関わらず、

連日沢山沢山お世話してもらい、目一杯遊ばせて頂きました。

感謝感謝。ありがたい。

 

まだまだ少ししか知らない長崎だけども、

そそられる場所やモノや、人がいる。

大切な場所となりました。

 

 

IMG_1856 IMG_1857

 

IMG_0670

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

· · · ◊ ◊ ◊ · · ·

Movie

04 6月 2014

 

IMG_1714IMG_1715

 

ひとり朝から映画を見に行きました。

チョコレートドーナツ

前評判を抜きに、素直な気持ちで観たらいいと言われて。

午前中の穏やかな気持ちのまま、ふらりと映画館へ。

そうしたらもう、響いて響いて、涙腺崩壊。

観れて良かった。

優しくて、でも痛くて、それはとても素晴らしい映画でした。

 

人と人が恋に落ちる事、守り合いたいと想う事、それは男同士でも、大人と子でも。

そう想い合うものが、側にいる事で そこに産まれるあたたかいもの。

ずっとそのあたたかさが、続けばいいのに。

誰しもがハッピーエンドが大好きだよ。

そこにいるだけでいいじゃない。そうしようよ。

 

出会いや、お別れ、いろんな事があった最近。

ますます、つながる人々が愛おしく、普通の毎日が大切で。

それぞれが自分の場所で、生きて、笑っていてほしいと思いました。

 

何度もお腹をさすって、それが大切大切と 沢山念じました。

2時間でこんな気持ちを与えてくれます、

ああ 映画っていいものですね。

 

この映画とはべっこですが。

これも最高でした。

涙はいらない、キュートな映画。

大切なものを再確認して。横にいる人にハグしたくなる良き映画。ぜひ。

 

IMG_0328

 

 

以上、アナと雪の女王はさほど響かなかった私の、今年の心にのこる映画でした。

 

 

 

 

 

· · · ◊ ◊ ◊ · · ·