必ずや晴れるだろうと思い込んでいたその日は

何十年ぶりかの早い梅雨入り、、、。

緑に囲まれて 空をあおいで 太陽を浴びて、その日を過ごすつもりだったのに、、、。

早朝、紛れも無い雨女ぶりに、しょぼくれそうな私。

でも。

もちろん。

雨なんかにまけない 大切な、スペシャルな、予想をこえる もうたまらない時間達がまっていました。

こんなに楽しくて こんなに愛しくて いる人みんなにハグをしたい一日って

きっとこの先ないことでしょう。

晴れの日は、二人の結婚を祝う日でなくて

二人と 二人の愛しいものたちが、つながった事を喜ぶ日

そういう日にしたかった。

そうなりました。

みんなが笑ってくれていた  その事がなにより嬉しくて。

おかげで、気張らず そのままの自分たちでいられたよ。

大口あけて笑いすぎたくらい。

相方の 気持ちのよい笑顔と なかなか見れない真顔も沢山見れたしね。

台風がくる前日の この喜びの日

可憐な色の花々に  美味しいご飯に  美味しいお酒に

だいすきな人々に囲まれ

心から万歳。

まさに しあわせになりました。

そして改めて

素晴らしい作品をつくってくれた友人に 奏でてくれた友人 踊ってくれた友人に

彩ってくれた友人 まとめてくれた友人

その日を楽しんでくれた友人

全ての人達にこころから感謝を。

もちろん愛すべき家族にも。

どうもありがとうが山盛りです。


· · · ◊ ◊ ◊ · · ·

いろんな言葉を

08 7月 2011

ずーっとずーと 書いてなかったこの日記。

3・11 あの日から、なかなか想いをまとめる事が不得意になって

いろんな事がありました。

かなしい こわい つらい くるしい

たのしい やさしい うれしい いとおしい

どの言葉も当てはまる日々が流れていきました。

そのどの日々の事も やはり忘れてはいけない 大事な私の生活。

だから改めて日記を書き記していこう。

自分にやくそく。

· · · ◊ ◊ ◊ · · ·