先日、ずっと行きたかった外遊び、トリオで実行しました。

目指すは奥多摩。なんと新宿から1時間。改めてびっくりの近さ。

川 川 川。大好きなんです。

無論海もいいですが、川の、緑と砂利と日陰のゆるさ、なんだか頑張りすぎないアウトドア感が好きなんです。

そして今回は、時間も気持ちもはしゃいでたので久々にカヤクリましたさー

カヤック〜〜 出来れば趣味にしたいくらい。

川の上を歩いてるみたいな、のんびり自分時間をすごせる乗り物。

(本当はリバーカヤックは激流の中を下る激しいスポーツなんですが、私はいつも初心者コースののんびりコースですので、、。)

踏ん張る膝に、パドルを持つ腕はピキピキするけども、心は落ち着きます。

だった目の前にはおっきな緑だけなんだものーー

まだ少し肌寒い気候の中だったけど、もう少しすれば最高の川気候のはず。

川にダイブもできちゃうし。川辺でピクニックに 昼寝もできちゃうし!

ちょっと電車に乗れば東京にもこんなに青々とした緑に囲まれた場所があるってことに感謝です。

時間が空いたら、奥多摩にただただ、ぼんやりしにいくのもすごく良いとおもうのです。

皆とわいわい行くもよし。

一人ですっと行くもよし。

そういうフラリお出掛けをしましょうかね。今年はもっと。

真夏のような日差しが出たり、今日のような豪雨になったり、なかなか掴みにくい季節ですが、

だからこそ、たまの休みに大好きな人達と心地よい過ごし方をできたことを素直に喜んで

次の時間までのとっておきにしましょうと、こんな雨の夜に思ってピコピコこちらをうってます。

と。雨の日の夜になんの音も聞かずに雨音だけ聞いてるのは好き。

時間がゆっくりゆっくる。なんだか落ち着きます。

車が水をはねる音もよい。

と、ちなみに シーカヤックもすごくよいです。オススメですから本当に。

だれかこんなお家に招待してください。

そしてこんな場所にもつれてってください。

そんな夢をみに眠りにに着きますね、おやすみなさいませ。

ちょいと夜更かししすぎちゃいました、、。

· · · ◊ ◊ ◊ · · ·

summer has come

21 5月 2010

今日はまるで夏。30度近くまでいってたみたい。

もう春でなくて夏なのか。

そんな気候に合わせて我が家も夏準備。

北向きでなかなか植物が元気に育たないんだが、この季節だけはベランダもよいかんじに緑に日が当たります。

だから夏前にはいつも彼らを育てます、バジル氏と今年はシソさんも。

彼らが青々とグングンと伸びていく姿をみると 夏やわあ となるのです。

そして。

私の愛するビーサン。

近所のみならず、渋谷だって青山だって出来ればビーサン。

夏の終わりには足がビーサン焼けする私ですのよ。

とは言え、いやはや増えすぎました、ついつい良い色を見ると買ってしまうのです。

今年は買うのをひかえんと、、。

だってがそそるんですもん。そのフォルムにその色に。

と、こんな子達を整理をしつつ 今年も夏がきます。

たんと遊びます。

太陽とたわむれます。

· · · ◊ ◊ ◊ · · ·

 ネーネー

19 5月 2010

うちでは、おばあちゃんの事を ネーネー と呼んでいます。

おねえちゃんと呼びなはい、ってとこから ネーネー になったのか覚えてませんが すごく好きな響き、だいすきな呼び方。

80歳過ぎても、永遠のネーネー。

そしてネーネー、スペシャルおばあちゃんなんですよ。

今まで色んな国へいき、色んな海に潜り、マンタと泳いじゃったり。夢のような老後です。

ネーネーの家の引き出しを整理してるうちに、まるで世界旅行に行ったみたいな気分になりました。

あんな国からこんな国までこんにちは。

そんなネーネー、刺繍がお上手。沢山沢山刺してました。

その全てが、昔に作った物なはずなのに、ぜんぜん昔じゃない。

色に、デザインに、その間とか、ほんとう真似したくなるものばかり。柔らかく懐かしく新しいかんじ。

そしてすごくて丁寧で繊細。手仕事のプロです。

すごいなーーおばあちゃんて。

そして見れば見るほど、どれだけ今の自分達は昔のデザインに影響されていて、繰り返し繰り返し、をしているんだなとしみじみ実感します。

まだまだネーネーの作品にはかないませんし、挑みませんが、こんな風に残せるものを作りたいもんだ。

そしてネーネー、ずっと元気でいて下さいませね。

· · · ◊ ◊ ◊ · · ·

2010.3.8  5日め

最後の最後の一日のはじまり。

マンションの下にあるパウロの店にて パオン・デ・ロー を朝ご飯としていただきます。これ、半生タイプのカステラ。日本のカステラの原型なんですと。日本でも流行っているようですね。なんだか。

やさしい甘さでおいしい。ぺろんです。

外側がヘニャってしたスポンジで、内側がとろんとカスタードのようなかんじかしらね?

お腹を満たし、家主のパウロさん智子さんご夫妻にお礼を言って、素敵な夢の部屋ともお別れ。さみしいね。

さて、今日は何にも決めません 地図も見ません 気の向くままにリスボンの街を歩くんです。

買い物したり、お茶したり、ただぼーっとしたり、リスボンっ子のように街をウロウロ。

最終日はこんな日にしました。

朝一番の教会 カテドラル

santos oficios

オーナーさんがポルトガル中を回って見つけたという、味のある、他には無い工芸品がいっぱい。固くなくて、でもモダンだったり、すごくハイセンスな子ばかり。どれもこれもそそられる子ばかりでした。

conserveira de lisboa

老舗の缶詰屋さん。ここのパッケージデザインにどっこいやられました。

重い重い缶詰、一体いくつ買ったの私。このせいで帰りの荷物は激重。ばか。でも後悔なんかしてませんもん。

クラッシックでキュートなデザインに 小粋なラッピング 内装に 完璧です。

後方、なんと全部缶詰です。

片隅では、無言でおばあちゃんが缶詰を包装しています、、、。

このさりげない包み方、見習いたい。

てくてくてく 歩くたびにリュックの中にどんどん物が詰まっていく。

どうなるのか。面積はたりるのか?!買い過ぎか!?という思いもよぎるけど、

旅に来ていつも思うようにしている事。

旅先での素敵なものとの出会い、これは我慢しない。思い切るのが大事。

ここでそれを手にしなければ、それとはもう、二度と巡り会えないから。

我慢と節約は日本に帰ってからにしますから、と言い訳をして。

↓ちなみのリュックの中身のちょびっとです。

最後の最後はまた大雨。想いにふけるにはちょうどよいかと。

 

そんな雨の中、こんなものや

こんなもの達を食し。

こんなかわいいおじちゃん達とたわむれ、刻々と時がすすむ、夜がすすむ。

ああ 終わるよ 旅が終わる。

あとは夜が朝になり、誰もいない早朝の空港へいき、日本へ向かうだけ。

寂しいけど、大丈夫。充実の一人旅でしたから。またくるもの。

だからね、またねポルトガル。

好きですポルトガル。

バイバイポルトガル。

と。結局この旅記録を書き終えるのに1ヶ月以上かかってしまって。いやあ長旅でした。

だめだね、帰ってきちゃって元の生活に慣れちゃうと。

旅先での一秒一秒はとても大きくて、絶対に逃さぬようう大切に大切にかみしめて。すごく濃いい時間をこなせるのに。

日本に帰ってからの時間の使い方なんてもう、のびきってます私。

だから今こうやって思い出すのが大事なんだな。

流れていく時間、何もしなければそのまま朝が来て夜が来て、また朝が来ちゃって、記憶にそれしか残らない時ってすこし切なくなる。

なるべく多くの今日を、気持ち良く、よしよし、って思えるようにしたいです。

小ちゃな事でいいから、今日のよしよしの為に何かを持続できる人になりたいです。

今夜、改めてそんな思いになれましたから、気を取り直し、シャキッてしたいと思います!

はい、明日から頑張ります。

そして本当にこれでおしまい。

· · · ◊ ◊ ◊ · · ·